FC2ブログ
☆momocoの今日こんな日でした☆
南海本線堺駅前南口徒歩1分、堺駅南口バスターミナル横にある‘鍼灸サロン withYou’のmomoco のブログです。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
年齢を重ねても、健脚で過ごす方法
2014年11月07日 (金) 16:13 | 編集

滅多に、お客様のことは載せないブログですが、今日は特別編

今朝は82歳の私の祖母の施術日でした
鍼灸治療の際、はじめの筋肉の状態を把握させていただくマッサージの時に
いつも以上に脚に張りが出ていましたので尋ねたところ、ビックリの答えが・・・


『昨日、本町(御堂筋線)からあべのハルカスまで歩いてん


エェェェェェェエェェ

詳しく聞くと、12時過ぎに本町での用事が終わり、お友達との約束が2時に天王寺だったそうで
電車で直接行くと早過ぎるし、雨も降りそうにないし、どれだけ歩けるか試してみようと思ったそうです

歩いた道をGooglemapで辿ったところ、その距離、約5.6キロ
もはや、大阪マラソンのチャレンジランの域
おばあちゃんのチャレンジウォークです

さすがに、帰りの阪堺線は始発から座って、のんびり帰ってきたそうですが、
本人も距離の実感がなかったそうで、驚いていました


ではなぜ若い頃スポーツ選手でもなかった主婦の82歳のおばあちゃんが膝や腰に痛みなく、歩き続けれるのでしょうか

それは、まだまだパフォーマンスを発揮できる筋力が残存していること、関節内に痛みなどのストレス的な問題を抱えていないところが大きいように感じます
そして、カラダを動かすことをおっくうがらないことに他なりません
現在はスポーツジムに行かずともテレビ体操を出来るところだけ参加するのと、寝る前のストレッチで、自分のカラダの疲れ具合がよくわかるそうです

孫が鍼灸師なら、かなりの頻度でメンテナンスしているのかと思われるかもしれませんが、
私が提唱している、『2週間に1度、月2回の定期的ボディメンテナンス』のみです
お友達との予定も多いので、週1程度になると時間的に通ってもらうのは厳しそうです
年齢を重ねても、行きたいところに好きな時に行動できるカラダ行こうと思えるココロ
手に入れて損はないと思います


カラダは1日で作られるものではありませんが、確実にいいようにも悪いようにも変化できるものです

鍼灸でできるボディもフェイシャルも全身メンテナンス自信を持ってオススメです



スポンサーサイト
上質な眠りと冷えとり対策
2014年10月31日 (金) 22:30 | 編集

日が落ちると一気に冷えるようになりましたカーディガンやちょっとした羽織りものの暖かさにほっこりします
あると安心、ストールも出番ですね
手袋をされる方も見かけだしました

女性は冷えに敏感
そろそろ冷え対策もしっかり始めませんか

まずは、質のいい睡眠作りのお話をさせてください

朝起きるときから体がダルいのは、寝ている間もカラダが冷えないために力が入っているからかもしれません
寝ている間は日中のようにカラダを動かすことが少なくなります。
体温をキープして、睡眠を維持するためにはカラダから熱を発するために筋肉に力が入れないといけなくなります
これは寝ている間にコリを進めているような状態
さらにお布団を重ねても、寝返りをする際カラダとお布団の間にできた隙間で、冷たい空気に触れ目が覚めてしまったなんてありませんか
昔から3つの首(首元、手首、足首)は冷やすなと言われてきました
特に、首元と足首は冷えは女性に大敵です
首元は免疫力に非常に関係が深いですし、足首は女性に関わるツボが多いところです

そこで、寝るときの首元にネックウォーマーが思いの外、活躍してくれます
まだ暑手のパジャマでは汗が心配という肩こりさんにも『グッスリ眠れた』と好評でした
ネックウォーマーがなくても、タオルやスカーフでも活躍してくれると思います
どうぞ試してみてください


講習会へ
2013年10月06日 (日) 23:44 | 編集


今日はお昼からお休みをいただき、和歌山での講習会に参加してきました

JR和歌山駅で下りるのは、学生時代以来なのでほぼ10年ぶりです
変わったのか……変わってないのか……全く覚えてませんでした
会場で、鍼灸短大2年生の時の担任の先生とお会いすることができました
言葉少なくとも、ものすごく丁寧で親身になって指導してくださる先生に覚えていてもらえてうれしかったです

半日でしたが短時間でも、内容の濃い講習会で参加できてよかったです


また少しずつお話できるように、しっかりと整理しますね

明日からの週も、頑張っていきましょう
質問いただきました。
2012年12月20日 (木) 19:14 | 編集

前回のブログの更新で、私が歯科治療のあと、自分の顔に鍼をしたという記事をアップしました

このことについて、お客さまからご質問をいただいたので、お返事させていただきます


『美顔鍼は、歯医者さんに行った後も効果があるの?歯の治療とともに美顔鍼をするとどうなるの?』
とご質問いただきました

歯の治療では、口の開閉の自由を奪われます。
『がんばって、口を大きく開けてくださいね!』と開けた状態がキープさせられます。
これは、口の開閉に関係する筋肉には、大きなストレスです。
歯医者さんのあと、あごが疲れて違和感が出たり、痛くなったりしたことないですか?
美顔鍼では、口の開閉に関係する筋肉にもアプローチします
コリをほぐすことで違和感や痛みを緩和し、お顔を本来のフェイスラインに戻し、リフトアップに働きかけます。
そして、肌そのもののターンオーバーをスムーズに整えていきます


虫歯の痛みにも効果的という文献もありますが、虫歯自体を改善することはできません
痛みが出ている場合は、早めに歯科へ受診することを絶対におススメします



鍼灸について
2010年01月24日 (日) 23:05 | 編集
鍼灸師です!と自己紹介すると、よく質問されることがあります。

『ハリって怖くない?痛くない?』

皆様、どんなハリをイメージされていますか。きっと病院で使われる注射針や点滴の針、裁縫道具の針を思い描いてらっしゃる方も多いのでしょうね。
withYouの鍼灸治療で使われる鍼は、注射針の中を通ってしまうほどの細さで、“髪の毛の太さ”と同じぐらいの太さで、ディスポーザブル(使い捨て)鍼を使っています。髪の毛の太さといわれても…不安とおっしゃる方ももちろんいらっしゃいます。私は無理に鍼をオススメすることはしません。なぜなら恐怖心があると、どんなに症状の原因となっているところを的確に刺激できたとしても、患者さまに満足していただけると思えないのです。少しの勇気で、鍼を受けてみようと思っていただけるのなら大歓迎です。

withYouではお一人お一人のお悩みにしっかりと向き合い、その方に合った刺激量で施術させていただきますので、ご安心くださいね。

Powered by FC2. / Template by sena.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。