FC2ブログ
☆momocoの今日こんな日でした☆
南海本線堺駅前南口徒歩1分、堺駅南口バスターミナル横にある‘鍼灸サロン withYou’のmomoco のブログです。
金曜ですが、ダイエットブログ!
2014年05月30日 (金) 17:00 | 編集
火曜日のダイエットブログが、もう週末・・・しかも月末
更新が遅れました・・・ご心配いただきありがとうございます
携帯の調子は悪いですが、ブログはパソコンで書いてますので機械が悪いわけではないです
・・・すみません・・・

さぁ ダイエットブログ始めましょう

今週は、熱中症の注意喚起がされていますね

熱中症は、屋内でも起こります

のどの渇きを感じてから、給水しても体内に吸収されるのには時間がかかります
デスクワークでも、1時間にコップ半分は飲みましょう

そうそう、『水飲んだだけで太る・・・』という言葉、よく耳にします
もちろん、体内に入れたのですから体重は増えます
減量がついて回るスポーツ選手は、短期間で減量するために、最終的に水分も摂らないこともありますが、
健康的な減量に水抜きはむきません

カラダを壊すだけ
リバウンドしやすい体質をこちらから迎えにいってるようなものです

今日は、リバウンドの怖さについて説明します

結婚式・同窓会・旅行などイベントを目標にしてダイエットを始めようという方 多いですよね
この場合、短期間で結果を出す方法として、食事制限で摂取カロリーを減らそうと頑張った経験ありませんか

せっかくやせたのに、元の生活に戻したとたん、ダイエット前より太ってしまったっていうやつ
実は、体内でも大変なことになっていたんです

体内がエネルギー不足の状態に陥ったとき、カラダは不足分を貯蔵されたグリコーゲン(糖質)や体脂肪でまかなうと同時に

筋肉を分解してエネルギーを作り出していたんです

これを、糖新生と呼びます

運動制限なしに極端な食事制限をすると、この糖新生が繰り返され、体全体の筋肉量が減っていくのです

こうなると、前と同じ生活でも、消費カロリー量が以前より少なくなるので、基礎代謝も低下して、消費エネルギーが極端に減ります
これでリバウンドをおこし、体重が元通りになると、脂肪が付いているので体のラインは以前より締まりのないラインになってしまいます

怖いですよね・・・TVでモデルさんで細いけど、締まりのない方って頑張って食事制限してはるんやろなぁぁと思って見てしまいますが、お肌も荒れがちですし、もったいない印象を受けます

リバウンドを防ぐために無理なくストレスフリーの食事量で、スローペースで行うことがダイエットの近道といえるでしょう

次回は、リバウンドと脳の関係についてアップします


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL :
コメント :
パスワード :
秘密 : 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by FC2. / Template by sena.